北九州市戸畑区の特別養護老人ホーム・ケアハウス・ショートステイ・グループホーム・デイサービス・ヘルパーステーション・ケアプランセンターを擁する高齢者複合施設

お知らせ

介護職員初任者研修課程について

介護職員初任者研修課程について

本年度の介護職員初任者研修課程についての詳細をお知らせ致します。
本課程の受講をご希望の方は詳細をご確認下さい。

研修概要

対象北九州市在住で、本課程の受講を希望する者
研修スケジュール令和元年8月10日(土)~令和元年9月22日(日)
(詳しいスケジュールは コチラ をクリックしてご確認ください)
定員12名
指導教員数10名
研修受講までの
ながれ
  1. 申込み用紙にて令和元年7月28日(日)【必着】までにFAX、郵送又は持参で申込み(申込み用紙は コチラ をクリック)
  2. 令和元年7月29日(月)から7月31日(水)の間に書類選考及び面接
  3. 令和元年7月31日(水)から直接本人へ選考結果連絡
研修に係る費用受講料:無料
テキスト代:6,480円(ただし、資格取得者には福音会がテキスト代を負担いたします。)
その他の費用:なし
留意事項全講座(9月28日(土)・29日(日)の予備日を含む)をすべて受講できる方が受講者の選考基準となっています。
やむを得ず欠席した場合は、本施設が指定する日(日程変更不可)で補講を受ける必要があります。

研修カリキュラム

使用テキスト

株式会社 日本医療企画

  1. 介護・福祉サービスの理解
  2. コミュニケーション技術と老化・認知症・障害の理解
  3. こころとからだのしくみと生活支援技術
科目別担当教官名

科目別担当教員名は、 コチラ をクリックしてください。

科目別特徴

本法人の研修は、すべて当法人が運営する施設で働く現場経験豊富な講師による指導です。毎年入職してくる新人の教育を担当している現場担当者なので、より具体的な事例や豊富な人材育成の経験を踏まえてきめ細やかな講義・演習を提供いたします。また、演習においては、当法人の施設を使用しますので、より現実的な内容を学ぶことが可能です。

科目別シラバス
1 職務の理解
研修に先立ち、これからの介護が目指すべき、その人の生活を支える「在宅におけるケア」等の実践について、介護職がどのような環境でどのような形でどのような仕事を行うのか、具体的イメージを持って実感し、以降の研修に実践的に取り組めるようになることを目指します。
  1. 多様なサービスの理解
  2. 介護職の仕事内容や働く現場の理解
2 介護における尊厳の保持・自立支援
介護職が、利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し、自立支援、介護予防という介護・福祉サービスを提供するに当たっての基本的視点及びやってはいけない行動例を理解することを目指します。
  1. 人権と尊厳を支える介護
  2. 自立に向けた介護
3 介護の基本
介護職に求められる専門性と職業倫理の必要性に気づき、職務におけるリスクとその対応策のうち重要なものを理解させるとともに、介護を必要としている人の個別性を理解し、その人の生活を支えるという視点から支援を捉えることができることを目指します。
  1. 介護職の役割、専門性と多種職との連携
  2. 介護職の職業倫理
  3. 介護における安全の確保とリスクマネジメント
  4. 介護職の安全
4 介護・福祉サービスの理解と医療との連携
介護保険制度や障害者自立支援法制度を担う一員として知っておくべき制度の目的、サービス利用の流れ、各専門職の役割・責務について、その概要のポイントを理解することを目指します。
  1. 介護保険制度
  2. 障害者総合支援制度及びその他制度
  3. 医療との連携とリハビリテーション
5 介護におけるコミュニケーション技術
高齢者や障害者のコミュニケーション能力は一人ひとり異なること、その違いを認識してコミュニケーションを取ることが専門職に求められていることを認識し、初任者として最低限の取るべき(取るべきではない)行動例を理解することを目指します。
  1. 介護におけるコミュニケーション
  2. 介護におけるチームのコミュニケーション
6 老化の理解
加齢・老化に伴う心身の変化や疾病について、生理的な側面から理解することの重要性に気づき、自らが継続的に学習すべき事項を理解することを目指します。
  1. 老化に伴うこころとからだの変化と日常
  2. 高齢者と健康
7 認知症の理解
介護において認知症を理解することの必要性に気づき、認知症の利用者を介護する時の判断の基準となる原則を理解することを目指します。
  1. 認知症を取り巻く状況
  2. 医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理
  3. 認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活
  4. 家族への支援
8 障害の理解
障害の概念とICF、障害者福祉の基本的な考え方について理解し、介護における基本的な考え方について理解することを目指します。
  1. 障害の基礎的理解
  2. 障害の医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的知識
  3. 家族の心理、かかわり支援の理解
9 こころとからだのしくみと生活支援技術
介護技術の根拠となる人体の構造や機能に関する知識を習得し、安全な介護サービスの提供方法等を理解し、基礎的な一部または全介助等の介護が実施できるとともに、尊厳を保持し、その人の自立及び自律を尊重し、持てる力を発揮してもらいながらその人の在宅・地域等での生活を支える介護技術や知識を習得することを目指します。
  1. 介護の基本的な考え方
  2. 介護に関するこころのしくみの基礎的理解
  3. 介護に関するからだのしくみの基礎的理解
  4. 生活と家事
  5. 快適な居住環境整備と介護
  6. 整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  7. 移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  8. 食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  9. 入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  10. 排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  11. 睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
  12. 死にゆく人に関したこころとからだのしくみと終末期介護
  13. 介護過程の基礎的理解
  14. 総合生活支援技術演習
10 振り返り
研修全体を振り返り、本研修を通じて学んだことについて再確認を行うとともに、就業後も継続して学習・研鑽する姿勢の形成、学習課題の認識をはかります。
  1. 振り返り
  2. 就業への備えと研修修了後における継続的な研修
11 人権学習
介護職員としての人権意識を持った行動がとれることを目指します。

通信学習

科目別通信学習とする内容及び時間

科目別通信学習とする内容及び時間は、 コチラ をクリックしてご確認ください。

通信課程の教材・指導体制

通信課程の教材は、本課程独自のテキストを使用します。また、担当講師によりFAX・メール・電話等にて指導いたします。

修了評価

全科目を履修後に修了評価(1時間の筆記試験)を行います。
評価基準は以下のとおりです。
認定基準(100点を満点評価とする)

A90点以上
B80〜89点
C70〜79点
D70点未満

C 以上で評価基準を満たしたものとして認定する。
Dの受講者に対しては、補講を行った後に再評価を実施します。

講師情報

秋満 昌子2005年8月〜2007年3月(社福)介護支援専門員
2007年3月〜2008年3月(社団)ヘルパー管理者
2008年3月〜2012年12月 当法人ヘルパー管理者
2012年4月〜 当法人介護部門主任
介護支援専門員
介護福祉士
石井 由美子1991年9月〜2015年1月(医)管理栄養士
2015年2月〜 当法人栄養管理部門主任
栄養士
管理栄養士
川崎 真由美2003年7月〜2007年3月 (有)デイサービス介護職員
2007年4月〜 当法人介護部門副主任
介護支援専門員
介護福祉士
木村 美穂子1994年10月〜2005年10月(医)ソーシャルワーカー、介護支援専門員、ヘルパー責任者、介護保険センター責任者
2007年2月〜2012年5月 当法人生活相談部門主任
2012年6月〜 ケアハウス施設長兼務
社会福祉士
介護支援専門員
普通免許状
佐名 優美1995年4月〜2009年6月(医)看護師
2009年11月〜 当法人看護部門主任
看護師
介護支援専門員
園 淳策2000年4月〜2013年3月(医)理学療法士
2013年4月〜 当法人機能訓練部門主任
理学療法士
齋田 貞乃2008年12月〜2009年9月 当法人介護職員
2009年10月〜2017年3月 当法人介護部門副主任、デイサービスセンター管理者
2017年4月~ 当法人居宅介護支援部門介護支援専門員
介護支援専門員
介護福祉士
松久 剛2007年4月〜 当法人介護部門副主任、グループホーム管理者介護支援専門員
介護福祉士
社会福祉士
野口 穣2007年4月〜2011年9月 当法人介護職員
2011年10月〜2014年5月 当法人ユニットリーダー
2014年6月〜2016年9月 当法人ユニットリーダー兼介護支援専門員
2016年10月〜 当法人介護部門副主任兼介護支援専門員
介護支援専門員
介護福祉士
西 修平2009年6月〜2014年12月 当法人介護職員
2015年1月〜2016年9月 当法人ユニットリーダー
2016年10月〜2017年5月 当法人介護部門副主任
2017年6月〜 当法人介護部門副主任兼介護支援専門員
介護支援専門員
介護福祉士

実績情報

平成24年度実施回数:1回 受講者数:10名
平成25年度実施回数:1回 受講者数:2名
平成26年度実施回数:1回 受講者数:4名
平成27年度実施回数:1回 受講者数:8名
平成28年度実施回数:1回 受講者数:6名
平成29年度実施回数:1回 受講者数:11名
平成30年度実施回数:1回 受講者数:7名

法人情報

法人名社会福祉法人 福音会
所在地〒804-0081 福岡県北九州市戸畑区千防一丁目1番6号
代表者理事長 工藤 二郎

研修機関情報

事業所名高齢者複合施設ふれあいの里とばた
所在地〒804-0081 福岡県北九州市戸畑区千防一丁目1番6号
電話番号093-873-5115
FAX番号093-873-5121
研修の目的多様化する高齢者のニーズに対応できる質の高い人材の育成が急務であるため、本施設では適切な介護知識及び高度な介護技術を持った人材を育成し、高齢社会の充実に寄与することを目的とする。
学則学則の詳細は コチラ をクリックしてご確認ください。
研修施設〒804-0081 福岡県北九州市戸畑区千防一丁目1番6号
高齢者複合施設ふれあいの里とばた会議室
課程責任者大野 剛

連絡先等

申込み・資料請求

社会福祉法人 福音会 高齢者複合施設ふれあいの里とばた
〒804-0081 福岡県北九州市戸畑区千防一丁目1番6号
電話番号:093-873-5115 FAX番号:093-873-5121

法人の苦情対応者名

理事:鮫島 浩昭 電話番号:093-873-5115

事業所の苦情対応者名

事務長:大野 剛 電話番号:093-873-5115