ふれあいの里とばた スタッフブログ

北九州市戸畑区の高齢者複合施設 ふれあいの里とばたのスタッフブログ。施設の様子等を随時更新!

ワクチン接種

北九州市では高齢者を対象とした新型コロナワクチンの予防接種が始まっていますが、このふれあいの里とばたでも、入居者とスタッフのワクチン接種が6月7日~6月11日に1回目、そして6月28日から本日7月2日までに2回目が行われました。

ふれあいの里では、協力医である後藤クリニックの後藤先生と理事の工藤先生(内科医)の協力により施設内で実施することができました。




限られた時間内で次々に接種するため、スタッフも密にならないように並んで待機しています。





スタッフは会議室で接種したのち、観察室で15分ほどアナフィラキシーショックが起きないか様子をみます。



入居者の皆さんには、後藤先生が各ユニットをまわりワクチンを接種して回りました。





心配していた強い副反応が出た入居者もいなくて、予定通り本日無事に接種を終えることができました。

スタッフでは若干名微熱などの副反応がでた若いスタッフがいましたが、多くのスタッフは、接種した日の夕方から次の日にかけてワクチンを打った方の腕が痛くて上がらないというのが1番多かったようです。

早く、希望する全ての方にワクチン接種ができたらいいですね。

それでは皆さん、良い週末を!